アミノ酸の効果と効能もはや常識?知らないと損する情報

角質除去クリームで魚の目もスッキリ

アミノ酸の効果と効能もはや常識?知らないと損する情報

アミノ酸ってなんだろう

 

身体の主材料

 

 

わたしたち人間の身体は水分を除けば、半分以上を「タンパク質」が占めています。

 

 

筋肉や皮膚、臓器、血管、爪などはすべてタンパク質からできているのです。

 

 

そのタンパク質の素となるのが「アミノ酸」です。
自然界には数百種類のアミノ酸が存在しますが、そのうち人体のタンパク質に関係するのは20種類。

 

 

身体を作るタンパク質はこの20種類のアミノ酸の組み合わせによってできています。

 

 

つまり「アミノ酸」は、人体の主原料と言えるでしょう。
それゆえアミノ酸の不足は健康上様々な支障を招きます。
特に高齢者は、アミノ酸のバランスが崩れがちなので、注意が必要です。

 

 

 

アミノ酸の効果と役割

 

 

疲労回復

運動前にアミノ酸を摂取すると、疲れにくくする効果があります。
またアミノ酸には筋肉の分解を抑制する働きもあるので、筋肉痛や疲労回復を早める効果があります。

 

 

ダイエット

有酸素運動をする前にアミノ酸を摂取すると、脂肪燃焼酵素を活性化し、体脂肪を燃焼させることが出来ます。

 

 

免疫強化

体内に侵入した細菌やウイルスは、免疫細胞が防いでくれます。
この免疫細胞は血液中のアミノ酸によって活性化します。

 

 

 

 

 

筋肉強化に注目のHMBとは

 

 

アミノ酸のうち、忘れてはいけないのが「筋肉の増強」です。

 

 

スポーツ選手やボディビルダーが筋肉の維持、強化のために、アミノ酸のサプリメントを摂取する話はよく聞きます。

 

 

最近では日常生活に必要な筋力が低下しがちな高齢者にも、積極な摂取が推奨されています。

 

 

筋肉強化で特に役立つアミノ酸は、20種類のうちバリン、ロイシン、イソロイシンなどで、なかでもロイシンは欠かせない成分と言われています。

 

 

なぜならロイシンは筋肉の材料になるだけでなく、身体が筋肉を合成するよう指令を出しているからです。

 

 

ところで最近の研究により、ロイシンは体内で一部がほかの成分に変換されることがわかってきました。

 

 

しかも変換された成分こそが、筋肉強化の鍵を握っているのではと考えられています。

 

 

その成分がHMBで、摂取したロイシンのうちわずか5%がHMBに変換される、とても希少な成分です。

 

 

ロイシンを摂取して体内でHMBに変換させるのではなく、直接HMBを摂取した際の効果も多くの試験で確認されており、筋肉の維持、増強に効率的な成分だと判明しています。

 

 

厚生労働省が2014年3月に公表した「日本の食事摂取基準策定検討会報告書」でも、「HMBは、筋肉におけるタンパク質合成を誘導する重要な働きをすると想定される」と紹介され、様々な方面から注目されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で歩けない、食べられない、トイレができない人口が増加中
筋肉は10年で15%も落ちる
筋力低下を食い止めるHMB

 

日本の寝たきり人口は10年後に900万人と予測されています。
その原因となる転倒、骨折を引き起こすのが筋力の低下です。
70代80代を明るく生きるためには、筋力維持のための栄養対策が欠かせません。

 

 

 

加齢による筋肉の減少は寝たきり、要介護の入口

 

 

 

階段をのぼるのがつらい、長い距離を歩くとしんどい、重いものを持ち上げられない。
加齢によって筋力が衰えると、今まで簡単にできていたことが、徐々にできなくなっていきます。

 

 

進行すると転倒から骨折、そして寝たきり、要介護につながることも少なくありません。

 

 

今、少しでも心当たりがあるなら油断は禁物。
筋力の衰えは加齢とともに急加速していくのです。

 

 

 

70代80代の生き方は筋力を維持できるかで変わる

 

 

70歳以上になると、筋肉の量が10年で平均15%も減少します。
日本では年々寝たきり人口が増え、75歳以上のほぼ3人に1人は要介護となっています。

 

 

当然ながら個人差はあり、70代以降、筋肉の衰えを食い止めたかどうかで、10年先の生き方も大きく左右されます。

 

 

自由に外出出来なくなり、食事やトイレも家族や人の助けが必要となる人生を歩むか、あるいは長い人生を元気なままで楽しむのか。
後者を望むなら、必要な対策を取らなくてはなりません。

 

 

アミノ酸のHMBと同等にHGHも注目されています。