生まれつきの体のあざ

角質除去クリームで魚の目もスッキリ

生まれつきの体のあざはどうしてできるの?

生まれつきの体のあざはどうしてできるの?

 

 

あざは、別名母斑と呼ばれていて、一部の皮膚が色や形が異常をきたしたものを言います。

 

あざの多くは生まれつきなのですが、中には後天性のものもあります。また成人してからできることもあります。
生まれつきの場合や後天性の場合のいずれも、母親の胎内にいる時に体の意尾部が突然変異を起こしてで霧うものだと言う考え方が多数を占めます。
しかしその原因は殆ど明らかになっていません。

 

 

あざの種類を大きく分けると青あざ・黒あざ・茶あざ・赤あざ・白あざに分類されます。他にも表皮母斑、脂腺母斑などがあります。

 

 

あざの治療

 

あざの治療には保険が適用されます。全てのあざ治療ではないのですが・・・
治療方法としては、手術やレーザー治療、皮膚を凍結して固める方法などがあります。以前は手術という方法がほとんどでしたが、
現在ではレーザー治療も治療法として目立ってきました。各治療にはメリット・デメリットがありますので計画的に治療をする必要があります。

 

 

 主に、メラニン系と血管系のアザがあります。それぞれの過剰や減少が肌の色の異常として表現されます。メラニン系にはQスイッチ付きレーザー(ルビー、ヤグ、アレキサンドライト)、  血管系(ヘモグロビン)には色素(ダイ)レーザーが一般的です。疾患により健康保険内での治療回数や、適応レーザー機種も決められております。  また、健康保険適応外のレーザーの方が有効な結果を生む可能性もあります。