魚の目、芯、原因、治療、薬、除去

芯を除去する時の3つの注意点

魚の目の芯を除去する時の5つの注意点

 

魚の目を取る時、

 

 

めっちゃ痛い

 

 

です。

 

そして、失敗すると

 

 

めちゃめちゃ痛いです。

 

 

理由はこれからお話しますね。

 

 

まずは、魚の目を取る時には、

 

 

1 必ず消毒をすることです。

 

 

消毒液で器具をよーく消毒してから使いましょう。

 

僕は大丈夫!!

 

なんてことは思わないでくださいね。
消毒をしないと後から化膿して足の裏から大量のウミが出てきて大変なことになります。

 

 

2 魚の目を取る時は、必ずスピール膏を貼って柔らかくしておく

 

 

魚の目はすぐにはとれません。魚の目の場所をピンポイントで薬を塗って柔らかくしましょう。
魚の目の大きさやできた期間によって塗布する日数も違います。

 

小さい魚の目だと1日〜2日の塗布でとれるのですが、
ひつこいものとなると5日〜10日間塗布する必要もでてきます。

 

 

 

3 周りから取る

 

皮膚が柔らかくなってから取る時は、周りから真ん中に向かって取っていきましょう。
外から内側へだんだん核心へ迫っていくようなイメージで採ります。

 

そして最後に芯となる部分を削ります。

 

 

 

 

魚の目の芯を除去する時の道具

 

 

魚の目を取ろうトップページ

芯を除去する時に気を付つける5つの注意点関連ページ

魚の目の芯を除去する時の道具
魚の目の芯を取るための治療方法や原因、薬を徹底的に調査し除去を目指します。

魚の目を治療しよう トップページ