魚の目、治療、ドライアイス

角質除去クリームで魚の目もスッキリ

魚の目の治療にドライアイスってどう?

魚の目を治療する方法の一つに液体窒素を使ってジュッと除去する方法があります。
液体窒素を使用した治療方法は病院で行います。

 

液体窒素は瞬間的に皮膚を焼く方法なのですが、同じような効果があるのでは?
と考えられるのがドライアイスです。

 

ドライアイスはかなり冷たく手で触っただけで凍傷になります。
液体窒素とドライアイス同じ効果があれば・・・と思うかもしれません。

 

 

そこで液体窒素とドライアイスについてお話ししたいと思います。

 

■液体窒素

 

液体窒素の温度は−196℃。
瞬間的に物を凍らすことができ輸送や冷却の時に利用します。

 

治療方法としては患部に塗ってジュッと皮膚を焼きます。痛みも伴いますが一瞬なので我慢しましょう。
病院を受診して医師の判断で行います。

 

何度か病院に通い液体窒素の治療を繰り返します。

 

魚の目の治療というよりは主にイボの除去に使われるケースが多いです。

 

■ドライアイス

 

一方ドライアイスは

 

−80℃程度で同じ冷却の保持などに使われますが液体窒素に比べ温度が高いです。
温度が高いということは瞬間的に皮膚を焼き切れないということです。

 

冷たい、痛いだけの結果になります。

 

 

ドライアイスは魚の目治療には適しません。

 

自分で除去しきれないのであれば、皮膚科や病院を一度受診しましょう。

 

飲み薬で治す方法などもありますのでいろんな治療方法を試してみることです。

 

 

 

治療方法って?飲み薬編

魚の目の治療にドライアイスってどう?関連ページ

魚の目を自宅で治療してみた
魚の目の芯を取るための治療方法や原因、薬を徹底的に調査し除去を目指します。
歩き方を変えると魚の目の治療ができる?
魚の目の芯を取るために画像や体験談を使って治療方法や原因、薬を徹底的に調査し除去を目指します。
足のうらから魚の目をなくす方法
魚の目の芯を取るための治療方法や原因、薬を徹底的に調査し除去を目指します。
魚の目治療法足のサポーター
魚の目の治療法 足のサポーター。サポーターをすることで魚の目が本当に治療ができるのか?
魚の目を取りに皮膚科へ行ったときの話
魚の目を取りに皮膚科へ行った時の話
治療方法って?飲み薬編
治療方法って?飲み薬ってどんなの?
魚の目治療:神戸周辺
魚の目の治療神戸周辺